東京都相続手続き.comでは、相続登記、不動産売却、遺言書のご相談など相続手続きを専門としている司法書士が直接担当いたします。

担当の司法書士へのご連絡はTEL:03-6300-9577まで

相続登記、不動産売却、遺言書のご相談などこちらのお問い合わせフォームへ

相続手続き.comのホームページを見たことをお伝えください。事前連絡を頂ければ、夜間や土日祝日のご対応いたします。

432751

『尊厳死宣言公正証書』

「尊厳死」

回復の見込みのない末期状態の患者に対して、

生命維持治療を差し控え又は中止し、

人間としての尊厳を保たせつつ、

死を迎えさせること。

 

最近では、この尊厳死の考え方を積極的に容認し、

また、過剰な末期治療を施されることによって

近親者に多大な負担を強いるのではないかという懸念から、

自らの考えで尊厳死に関する公正証書を作成する人が増えてきています。

 

「尊厳死宣言公正証書」とは、尊厳死を望むことを宣言をし、

公証人がこれを聴取の上、公正証書にするもの。

 

この尊厳死宣言がある場合、

患者の意思が尊重されるべきですが、

医療現場ではそれに必ず従わなければならないとまでは未だ考えられていないようです。

また、治療義務がない過剰な延命治療に当たるか否かは

医学的判断によらざるを得ない面があることなどから、

尊厳死宣言公正証書を作成した場合にも、必ず尊厳死が実現するとは限りません。

※とはいえ、「尊厳死の宣言書」を医師に示したことによる医師の尊厳死許容率は、

近年は9割を超えているそうです。

 

いずれにしろ、尊厳死を迎える状況になる以前に、

担当医師などに尊厳死宣言公正証書を示す必要がありますので、

その意思を伝えるにふさわしい信頼できる肉親などに

尊厳死宣言公正証書をあらかじめ託しておくのがよいでしょう。

皆様の不安解消に向けて、清澤司法書士事務所が精一杯サポートいたします!!」ue_mezasu_man

********************************************************

「この依頼って司法書士でいいのかな?」と思うことでも

安心して、ご連絡ください☆

税理士や各種専門家とも連携をとっていきますのでご心配なく(^^)

中野坂上・西新宿清澤司法書士事務所

 mark_arrow_down些細なご質問もお気軽に(^^)

図1

おわり