東京都相続手続き.comでは、相続登記、不動産売却、遺言書のご相談など相続手続きを専門としている司法書士が直接担当いたします。

担当の司法書士へのご連絡はTEL:03-6300-9577まで

相続登記、不動産売却、遺言書のご相談などこちらのお問い合わせフォームへ

相続手続き.comのホームページを見たことをお伝えください。事前連絡を頂ければ、夜間や土日祝日のご対応いたします。

心配いらない遺産分割協議

遺産分割協議を円満に整え、「争族」にならないためにはちょっとしたコツが必要です。  

話し合いによる遺産分割協議がうまくいかないワケ

 

<相続とは感情の噴出口>

小さなころは親兄弟と同じ屋根の下で過ごしておりましたが、その後子供は自分の家庭もち親兄弟と別の生活環境の下過ごしていることもあります。

そのため親兄弟といえども、生活環境も生活状況も違う中、相続といういつかは必ず訪れる時期があり、その時にそれまでは表面的には問題もなく関係を続けてきた間柄であっても、すでに異なる生活環境・生活状況から各人の想い(親に対する想いや、人生観など)が一気に噴き出すことがあります。

 

<相続人ごとに「想い・状況」は違って当然>

相続人の相続に関する考えは必ずしも一致しません。

むしろ違って当然を言えます。

日常的にコミュニケーションを取っている相続人間では、統計的に相続でもめることが少ないといえます。

一方、日常的にコミュニケーションを取っておらず、連絡も疎遠になっている相続人同士では、親兄弟であろうと現在どのような生活環境にいるのかあまりわからないことが多いかと思います。

さらには、異母兄弟のケースであったり、まったく縁の切れてしまった遠い親戚が相続人であった場合はどうでしょうか?

このような場合は比較的相続において揉める、または揉めないにしても手続きがなかなかスムーズに進まないことが多いかと思います。

相続手続きをスムーズに進めるための一番の方法・紛争防止策は「日常的に相続人間でコミュニケーションをとり、生前に相続について話をすること」と言えますが、これがなかなか難しいというのが現代社会の傾向かもしれません。

 

<相続人代表の立場・考え>

相続人代表(長男や配偶者)の立場からすれば、個人の生前の介護・看護やお通夜・葬儀・告別式・四十九日など、関係への気遣い・対応など非常に多くの労力を使い体力的にも大変な状況です。

また、いざ相続手続きをしようと思っても、なにから・どこから手を付けてよいのか、誰に・どこに相談してよいのか、どのように他の相続人に財産のことを話してよいのか、いろいろなことがわからない、またはわからないこと自体がわからないということが多いかと思います。

そしていろいろ調べて、いざ手続きに着手しようと思っても、他の相続人は自分の都合のいいことばかり言うだけで実際の手続きにあまり協力的でないこともあります。

そして相続人代表自身も「なんで自分だけこんな大変な目に合わないといけないのだろう・・・」と思うかもしれません。

 

<嫁いだ・出て行った側の相続人の立場・考え>

一方、他の相続人からすれば、故人や相続人代表とはある程度距離はあったとはいえ、相続人という立場には変わらず、生前もできる限り顔は出していたとか、生前一番金銭的なサポートを受けていたのは相続人代表の方じゃないか、などといって、相続に対する自身の考えは当然あるかと思います。

普段は言えないようなことでも「相続」という区切りのタイミングに自分の想いや状況・環境を他の相続人に悪意はなくても言いやすい状況かと思います。

 

<「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる みつお」>

相続人同士、想い・考え・生活環境・生活状況などは違うため相続に対して認識のギャップのある状態から遺産分割協議はスタートすることは少なからずあります。

かといって、裁判所で調停や審判までして相続手続きはすることでしょうか?

膨大な費用・時間・労力の無駄になることが多いかと思います。

そして何より故人が天国で悲しんでいるかと思います。

そこで疎遠な関係の相続人間での遺産分割協議では「ちょっとしたコツ」が必要になってくるのです。

当事務所では争いを解決するために弁護士や裁判所を利用した遺産分割協議はおすすめいたしません。

相続人間の話し合いがつかず、手続きがなかなか進まない理由の一つは、一方的な押し付けや手続きに対する理解不足もそうですが、他の相続人の言い分にも耳を傾ける「傾聴」が必要ではないでしょうか?

何が原因の本質であるかを十分に検討し、安易に法的な権利の行使だけを考えるのではなく、相続人全員が幸せになる方法を一緒に考えていきたいと思います。

一度「争族」になってしまったら関係を元に戻すことは困難を極めます。

故人もきっと悲しみます。

「争族」は勝っても負けでもどこかで綻びが生じます。

財産の多い少ないは関係はありません。

「うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる みつお」    

東京都相続手続き.comへのお問い合わせはTEL03-6300-9577またはお問い合わせフォームからお願い致します。