スタッフブログ

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 今日も一日お疲れさまでした。

 私は本日一日事務所での作業でしたが、外を見る限り一日いい天気だったと認識しています。 これから本格的な夏(その前に梅雨がありますが・・・)を迎え、子供たちにとっては楽しい夏休み、(昨日、娘から夏合宿の費用請求書渡されました。こんな時だけかわいい笑顔をされるのですが・・・日ごろからもっと愛想よくできないものでしょうか。)

 家庭の事情は恥ずかしいのでこの辺にして、本日も気になった話題で行きたいと思います。

 皆さんFITって聞いたことありますか。FITと訳されるものはいろいろ思いつくかと思いますが、ここでは「再生エネルギー固定価格買い取り制度」の事です。確か東北の大地震の後(福島の原発事故の後)に再生エネルギーの活用そして構成比のアップ(平成30年までに22~24%まで上げようと目標が立てられた様です。)を目指し設けられた制度で、優遇買い取り期間10年間は1キロワット時当たり48円で買い取りがされています。現時点通常の買い取り価格が6~11円当たりなので、相当優遇されて買い取られているとのこと。

 これが制度開始当初に導入した方は10年を迎えるとのことで、収入がガクンと4分の1程度に下がってしまうことから、一部では2019年問題ともいわれていたそうです。

 ちなみに、この10年間で再生エネルギーの主流である太陽光発電の利用ですが、「浸透した」とまでは言えない状況で、kのFITの見直しで普及がブレーキになるのではないかと心配されています。

 なかなか、私には分かりにくい話ですが、中には「太陽光バブル」なる方々もいらっしゃったようで、うらやましい限りです。

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 先ほど地震がありましたが、皆様大事ないでしょうか。

 震源は千葉県の南沖。東京都内で震度4を観測したのは約1カ月ぶりだそうです。(yahooニュースより) でも、「一カ月ぶり」で話題になるのですから、日本は地震の多い国ですよね。

 さて、本日はこの週末読んだ新聞記事から、興味深い話がありましたのでお話します。

 記事は「急性内斜視にご用心」というものです。読まれて方も多いかと思います。内容を要約すると、最近若い方(10代~20代)の方を中心に内斜視という目の病気(症状)が増えているとのこと。症状はいくつかあるようですが、「複視」が急性内斜視特有のもので、字から察せられる通り、物が2重に見えるようになるそうです。

 原因はというとそのほとんどがスマホの使い過ぎによるものと考えられています。スマホはパソコンよりも目に近い位置で使うため、目が中側による(より目の位置になる)。そのため目の動きをつかさどる筋肉のうち内側に寄らせる筋肉(内直筋)が酷使される為、同筋肉が収縮したままになってしまい発症するのでは無いかと考えられています。(ただし、この因果関係は、まだ明確に実証されたものではないとのことです。)

 物が2重に見えることで、10代ですと授業中の黒板が見えづらくなり、勉学に支障をきたし、しいては不登校に至るケースもあるとか。同世代の子供を持つ身としては、心配な事柄だと感じています。

 現代人として、スマホやタブレットは、既に手放せないツールとなりつつあります。(なかった時代を経験している身としては、「そんなもの無くても・・・」と言ってはみますが、一度手に入れた「便利」をいまさら手放せないのが正直なところです。)多くの方は、今さら手放せないのが実情だと思います。とは言っても使い過ぎは何事にも支障を来すのが事実です。寝ても覚めても、外を歩いているときの、車の中でも、自転車乗っても(先日実際に見かけました。あまりの器用さに感心してしまいました。)スマホを見ているのは、どうかと思うのは私だけでしょうか。

 ちなみに、予防策としては、一般的な疲れ目対策と同じで、定期的(10分程度)ごとに1回3~4メートル遠くを見るなど、目の周りの筋肉を使う(固めない、ほぐす)様にすること。また、画面の位置を目から30センチ以上離すことなどが挙げられています。

 また、発症してしまった場合は、早めに医療機関にご相談頂くことがよいでしょう。薬や手術等、いくつかの対処方法があるようです。

 とにかく、便利なものは活用するにべきですが、使い方は充分に気を付け、健康には留意したいものだと思います。

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 週も後半に入り、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 本日の東京は、朝方雨がぱらつき、通勤の道々は多少水たまりがある状況でしたが、今は夏のような日差しが照り付け、今日も暑くなりそうです。

 さて、連日のブログとなりますが、先ほど初めての仕事があり、今のような仕事をしていないとなかなか経験しない内容だったので、皆様にご報告と思い書き始めています。

 とは言っても大した仕事ではありませんが、、、皆様の住んでいるところで住居表示が変わること有りますか。私は幸いに、今までの人生において自分の住所表示が区画整理事業等で変更になったことはありません。 が、 市区政の都合で勝手に住所表示が変わることは実際にあります。その場合、知人への住所変更の連絡や、学校/会社等への変更届け出など、いろいろ面倒なことがありますが、その他にも所有不動産の登記簿への変更登記が必要になります。登記簿には、所有者の住所が記載されています。お持ちの不動産に自分で住んでいる場合ははもちろん、収益不動産など実際に自分では住んでいない場合も登記時の住所が記載されています。もちろん変更登記自体は非課税(登録免許税)ですが、我々司法書士事務所等に業務を委託して頂ける場合は、申し訳ありませんが費用を頂くことになります。

 本当に申し訳ありません。

 上記の変更登記をしないからと言っても、行政から罰を受けることはありませんが、将来、例えば売買の時や相続の時には、登記されている所有者の住所が実際の住民票等の住所と同じ場所であることを証明しなくてはなりません。その様な場合ですが、旧住所と新住所が同じであることを市区役所に証明してもらう必要があり、登記には証明書が必要となります。なお、証明自体は市区役所で証明書(無料)を発行して頂けますのでご安心ください。売買等の時には、この証明書が必要になります。

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 おはようございます。

 本日の東京は、暑くもなく寒くもなく、カラット晴れているわけでもなく、かと言って雨が降るわけでもなく、少々あやふやな天気となっております。

 昨晩、新潟から東北地方にかけて大きな地震がありました。現地の方でこのブログを読まれる方はさすがにいないと思いますが、ご親戚等いらっしゃる方は、ご心配のことと存じます。

 さて、本日の話題ですが、少々前(6月1日)の日本経済新聞に載っていた記事(後で読もうとファイリングしていたままだったものが偶然出てきました)についてご報告したいと思います。私もこの仕事について、まだ数カ月で、知識が実務についてきていませんが、来月から相続法に一部改正が入ることになっています。

 来月の改正点は大きくは3点。1つ目は故人の遺産(主には銀行預金)が相続の決定前(遺産分割協議中)に仮払いできることとなります。概要はと言うと、預金額の3分の1に法定相続の割合をかけた分まで当該相続人が支払いを請求できるようになります。ただし引き出せると言っても無駄使いできるわけではありません。あくまで相続財産であることには代わりませんので、遺産分割協議の相続財産の対象になります。ただ、入院代や葬儀費用の支払いとして使うことが可能です。

 次の一点は「遺留分」についての規定です。相続で遺言書が残されている場合、遺言書による財産の分配が片寄る場合があります。そのような場合に法定相続人は自分の遺留分を主張できます。(法定相続分の2分の1まで)。従来であれば、例えば財産が不動産の場合、不動産自体が共有状態となりすぐに分けられなくなってしまいましたが、改正後は現金での清算が可能とります。(従来も裁判所の調停などで、現金精算はありましたが、そこの手続きが簡素化される認識で良いと思います。)

 最後に、介護等の特別寄与料の請求が可能となります。これは何かといえば、長期に渡り奥様が義理の親(夫の親)の介護をしてきたような場合に、個人の残した遺産から現金(貢献分)を請求できるという内容です。今までの日本的慣習で、特に奥様は嫁ぎ先の「家に入る」感覚があり、「義理の親の介護は当たり前」みたいな風潮がありましたが、今後は少々「ドライ」な関係となり、介護を負担したらそれなりの見返りを請求できるということです。これも「核家族化」、「夫婦の共働き」が進んだ結果かもしれません。古き良き(?)時代の日本が薄れていくのは少々寂しいですが、長期間の介護は身体的には精神的にも大きな負担となりますので、「見返り」が認められるもの当然な時代の流れかもしれません。

 きょうも落語で笑いのパワー

今日も笑ってきました!落語です♪♪

本日は・・・古今亭今いちさん!

お客さんもいっぱい。

落語もコンサートと同じで

コール&レスポンスが大事だとか(^^)

面白い話の時は、笑い声で返す。

面白くない時も、笑いで返す(笑)だそうです♪

 

後半・・・

なぜかメイクをしだして、忌野清志郎さんを歌い始めた今いちさん(>v<)

お客さんの一人がおっしゃってました。

「おもしろけりゃ何でもいい!!」

賛成です!!

最後は、こんなビジュアルに・・・笑

あー夢に出てきそう。

ということで、みなさん、ぜひ一度足をお運びください。

楽しいです!

みなさん笑顔で帰って行かれます。

 

場所はグリーンホール環七野方さん。

月に4・5回ほど、落語会を行っております!!

1時間30分ほど、ただただ笑いに行ってください(^^)

予約不要!!どなたでも、お気軽に♪♪

木戸銭¥1000。

詳しくはこちらでご確認ください。

http://www.greenhall.jp/yose.html

 

ついでですが・・・

幣事務所は、グリーンホール環七野方様にて定期相談会を開催しております(^^)

落語のついでに、相続や生前贈与、成年後見や死後事務委任・・・などについて

ご質問やご相談も気軽にどうぞ♪

あらかじめ、ご予約のお電話をください(^^)

グリーンホール様にてお話をお伺いします。

「グリーンホールの相談会の件」と言っていただければ、スムーズです♪

 相続・贈与マガジン2019年6月号

数字で見る相続

142兆9,882億円

 日本証券業協会が行っている『インターネット取引に関する調査』によると、2018年4月から9月までの6カ月間に、インターネット取引経由で行われた株式現金取引や信用取引(上場投資信託及び不動産投資信託などを含む)の総額は142兆9,882億円でした。そのうち、40代、50代の株式信用取引の占める割合は50.4%、60代以上では28.3%となっています。
 こうしたインターネット取引による財産の存在が、遺産分割協議後に明らかになるケースが多く、遺産分割協議のやり直しが発生したり、たまたまその財産の存在を知った相続人が着服したりする問題が指摘されています。将来を見据え、インターネット取引による財産を含めた相続対策が必要といえます。
 後段「今からできる相続対策」では、インターネット取引による財産の相続について説明しています。ぜひご一読ください。

◇資産安心コラム◇

わが子に会社を継がせたい!
相続準備としての事業承継

中小企業庁発表の2018年版『中小企業白書』によると、2015年時点の経営者の年齢層で最も多いのは“ 65歳~69歳”となっており、経営者の高齢化が進んでいます。経営者のなかには一代で企業を拡大した人も多く、できれば自分の子どもに事業承継させたいと考えている人も多いでしょう。
今回は、わが子(親族)に事業承継をする3つの方法をご紹介します。

(1)贈与による事業承継

 経営者が生前贈与で後継者に株式を贈与する方法です。自分が生きている間に事業承継が
進んでいくため、安心して引退できるというメリットがあります。毎年一定額までの贈与が非課税になる『暦年贈与』制度を活用すれば、ある程度贈与税を抑えながら事業承継を進めることもできるでしょう。
 ただし、贈与財産を相続時の遺産分割に含む場合は、ほかの相続人から「後継者だけ特別に利益を得ている」などと思われて相続のときにもめたり、ほかの相続人から遺留分(相続人が民法上最低限相続できる財産)を請求されたりする可能性が出てきます。そのためこのケースでは、将来の相続を考慮に入れながら事業承継を進めていく必要があります。

(2)相続による事業承継

 経営者が遺言書を残して株式を後継者に渡す方法です。税金面でいえば、相続税は贈与税に比べて基礎控除額が大きく、税率も低いため、節税という面では生前贈与よりも適した方法といえます。
 一方、現経営者が生きている間にしっかり話し合っておかなければ、遺された相続人の間でもめ事に発展する可能性があります。たとえば、現経営者が事業に必要な資産を個人所有していた場合、それらが経営に関係のない相続人に相続されてしまうおそれがあります。このほか遺留分の問題もあるため、現経営者が生きている間に、相続人を集めて事業承継について十分な話し合いをしておく必要があるでしょう。

(3)売買による事業承継

 遺留分と税金という2つの問題を解消できるのが、後継者に株式を買い取ってもらう方法です。この方法であれば、贈与税・相続税ともにかかりませんし、遺留分の問題も発生しません。
 ただし、後継者は株式を買い取るための資金が必要となりますし、経営者側のほうは、株式売却による譲渡所得が発生した場合、譲渡所得に課税されるといった面もあります。
 『贈与』『相続』『売買』のいずれの方法にもメリットとデメリットがあります。のちにトラブルに発展しないよう、後継者や相続人と話し合いながら、後悔のない事業承継を進めてください。

◇今からできる相続対策◇

相続人の9割が失敗する相続準備(2)
~ネット証券など電子化財産の相続~

相続人が相続できる財産としては、預貯金や不動産などのほかに、インターネット取引による財産があります。その典型例としてあげられるのが、ネット証券やネットバンクの口座取引などで、最近では仮想通貨も注目されています。そこで、今回はインターネット取引による財産の問題点とその対策についてご紹介します。

ネット取引による財産の問題点と対策とは?

(1)ネット証券やネットバンクの預金

 被相続人がインターネットを介して行っている投資や預金に関しては、まず相続人がその存在を知っていれば、IDやパスワードがわからなくても、証券会社や銀行に対して相続に関する手続きを取ることができます。
 問題なのは、相続人がそれらの存在を知らない場合です。誰も存在を知らない財産は金融機関に問い合わせることもできません。もしも被相続人が何らかのインターネット取引による財産を有していると思われるときには、被相続人の預金明細などを調べ、取引履歴を確認しましょう。理由のわからない取引があれば、金融機関や証券会社に問い合わせることで存在が判明することがあります。
 ネットバンクに預金がある場合は一般的な銀行口座と同じく、預金が凍結され、手続きが終われば預金額が相続人に渡ります。しかしネット証券で未決済の先物取引がある場合には、買戻しや転売によって決裁した後に残高が返金になるため、市場の動向によってはほとんど資産が返ってこないこともあります。

(2)仮想通貨

 ビットコインなどの仮想通貨が相続財産となるケースも出てきました。仮想通貨についてはまだ法整備が十分に進んでいないのが現状ですが、国税庁の通達などにより、徐々に整備されてきています。
 まず、「仮想通貨が相続財産に含まれるのか」については、含まれることが明らかになりました。
 次に、どのように仮想通貨を評価するのかという点については『活発な市場が存在する場合は仮想通貨交換業者が公表する課税時期における取引価格による評価を行う』とされ、市場が存在しない仮想通貨については、仮想通貨の実体を踏まえて個別に評価するとしています。
 被相続人は、IDやパスワードを書き残しておくほか、遺言書にもインターネット取引による財産の存在が特定できるよう記載しておくことが重要です。まだ遺言書の準備をしていないという場合でも、家族などには電子化財産の存在を伝えておきましょう。

◇相続の基本講座◇

配偶者が受取人の生命保険。
相続財産に含まれる?

Q

 夫が亡くなりました。遺言書がないため遺産分割協議をしていますが、配偶者の私が受取人になっている生命保険の保険金も相続財産になるのでしょうか?

A

 受取人が被相続人以外の相続人となっている生命保険は、遺産分割協議対象の相続財産にはなりません。しかし、相続税を計算するときの対象にはなります。
受取人が法定相続人であれば、一定額を超えると課税対象財産となります。

相続財産に含まれるものと含まれないもの

 民法では、相続財産は『被相続人の財産に属した一切の権利義務』とされていますが、そのなかには含まれるものと含まれないものがあります。
 相続財産として多いのが、不動産や預貯金、株券やゴルフの会員権、貴金属などでしょう。このほか、住宅ローンの残債務や未払税金などもマイナスの財産として相続財産となります。
 一方で、社員としての地位などは相続財産には含まれません。

生命保険は相続税の算定に含まれるので注意

 生命保険は、契約者と受取人が誰かによって、相続財産になるかどうかが変わります。
 契約者が被相続人で受取人が法定相続人となっている生命保険が一般的ですが、このケースでは、生命保険は受取人の固有財産となるため、遺産分割協議対象の相続財産にはなりません。
 一方、医療保険などが付加されている生命保険で、契約者も受取人も被相続人になっている医療保険金については遺産分割協議対象の相続財産として扱われます。
 今回のケースでは、生命保険は遺産分割協議対象の相続財産にはなりませんが相続税の対象となります。ただし相続税を計算する上では、受取人が法定相続人であれば、全ての法定相続人が受け取った保険金の合計額のうち「500万円×法定相続人の数」を超えた部分が課税対象財産となります。相続税の申告漏れが起きないように注意しましょう。

 

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 少々間が空いてしまいましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 いつの間にか5月が終わり6月。本日の東京は朝方こそ曇りで、明け方に雨が降ったのでしょうか駐車場の車のフロントガラスが濡れていましたが、今は真夏の様な日差しが照り付けいい天気です。

 さて、本日の話題は「未来」についてです。

 この週末、図書館で1冊の本を借りてきました。約半年ほど図書館の予約を待って、ようやく順番が回ってきた本でした。細かい内容は省略(読んでいる本がばれるのは少々恥ずかしいので、本の紹介はしません。)しますが、現代人の体調(身体的+精神的)について、最新医学で分かっていることが「つらつら」と書かれている内容です。

 さて、その中で「面白い」と思ったのは、狩猟民には「未来」という感覚が無い、もしくは薄いという内容です。本で書かれている内容では、人類が過去→現在の先に未来という感覚を得たのは「農耕」を始めてからだというのです。(細かい話は省略しますが、1年のスパンで種を植え、水をやり、育て、収穫する、そして長い冬を耐え忍んで、また春の種まき・・・といったサイクル(未来)を意識するようになったのは「農耕」を始めてからだということです。) 現代でも、アフリカの狩猟民族では、「未来」という感覚がないのだそうです。我々には想像もつかない感覚ですね。日本でも古くは「江戸っ子は宵越しの銭は持たない・・・」なんて言葉もあったようですが、近い感覚なのでしょうか。一日が生活の単位で、毎日々々同じことを繰り返している・・・将来の事、「死」などということも考えないのでしょうね。(死を意識しないのは、うらやましい限りです。)

 話はこれだけです。実際の本の中では、「未来」という感覚を持った現代人は、そこから「不安」を感じてしまい・・・と話が進んでいくのですがここでは省略します。

 ということで、我々のご先祖様が「農耕」を始めなければ、我々も「未来」を悩んで老後だの、遺言だの、遺産承継だのに悩む必要も無かったのかもしれませんし、いま私たちが日々取り組んでいるこの仕事も、無かったかも・・・と考えると、「歴史って面白い」と感じてしまった次第です。

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 おはようございます。
 1週間近く開きましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 本日の東京は雨です。先週は沖縄が梅雨入りしたとのこと。これから鬱陶しい雨の季節となりますね。そろそろ今年の梅雨対策の用意もしないといけないと考えています。とは言って新しい傘(ここ数年はビニール傘で対応しています。)を買うわけでも無く、新しく用意するとしても防水スプレーくらいでしょうか。

 「雨の季節」で思い出したのですが、1カ月くらい前の日経新聞(2019年4月26日)に面白い記事が載っていたのを思い出しました。雨の季節→傘→忘れ物と連想して、落とし物の話です。

 忘れ物の王様と言えば「傘」と思っていましたが、忘れ物も時代によって変わってきているとの話。東京都内の話ではありますが、平成の30年間でおよそ3倍に増え、中身も「傘」から「衣類」、そして「ポイントカード」へと移っているとのこと。(記事には「拾われた現金」が2倍になり、2018年の1年間で約38億円になり、バブル期を超えたことも話題となっています。)

 なぜ現金が増えるのかに関しては、関係者も頭をひねっている状況の様ですが、記事中の推測では「一人暮らしの老人が増えたことも一因ではないか」と考えているようです。こんなところにも高齢化社会の弊害(?)が出ているようで、少々考えさせられるものがあります。

 司法書士の業務として、日々相続や遺産承継、家族信託等に関わっていると、こんな記事一つ読んでも色々と考えてしまうようになりました。

 ということで、今日はここまでにしたいと思います。(この話題は書き始めるときりがないので、また別の機会に別の観点でも書いてみたいと思います。)

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

 夢の10連休(夢のように終わった10連休)が終わり、現実に引き戻された今週。 溜まった仕事をこなすのに四苦八苦された1週間だったのではと思います。(奥様方は、ようやく「旦那様」「お子様」が出勤/登校されて一息付けているものと思います。) 気候の方も「春らしい」を通り越して「初夏」になってしまった感じ、今週は少々汗ばむ陽気でしたね。季節の変わり目ですので体調など崩されませんようにお気をつけ下さい。

 さて、本日私の独り言は、少々仕事に近い話をさせて下さい。

 この仕事を始めてから、早いもので2カ月が過ぎました。 相続という「人の死」を身近に感じる仕事をしていると、どうしても「この人の人生って、どんなんだったんだろう・・・」などと考えることが多くなり、裏を返せば「自分が死んだときにどうなるだろう・・・」などと考える今日この頃です。

 私も含めてでしょうが、自分が「いつ死ぬか」などということは分かりませんし、そうなると「相続について考えましょう。」と言ったところで、なかなか実感がわかないのが実際かと思います。 司法書士の仕事でも、相続に関する登記の業務は数が多いのですが、可能であれば、「お客様が生きている間に喜んでいただける仕事」に今後は多く携わっていきたいと思う今日この頃です。(家族信託など、生きている間に資産を「どうするか」をお手伝いできる仕事も多くありますので、関心のある方は一度ご相談頂ければと思います。ご連絡お待ちしております。)

 それでは皆様、楽しい週末をお過ごし下さい。(今週日曜日は母の日です。花屋はカーネーション等の花々がきれいに店頭を飾っていますね。せっかくですから、今日は一個買って帰るのはいかがでしょうか。)

 スタッフブログ(事務所員の独り言)

 おはようございます。

 皆様、ゴールデンウィーク+αの10連休はいかが過ごされましたか。

 私はいろいろと事情があり、東京でジッとしておりましたが、家族はいろいろと出かけたり、子供たちは学校の部活で合宿に行ったりし、充実した休みを過ごしていたようです。 今回前例のない長期連休となったためか、周りの行動が読めなかったようで、連休初日の4月27日(土曜日)や最終日の5月6日(月曜日)はディズニーランドがガラガラだったようですね。(4月27日は天気にも恵まれていませんでしたし、学生は普通の土曜日でしたので、致し方ないかと思いますが・・・。)

 さて、連休中にちょっと面白いニュースがネットに出ていたので、話題にしたいと思います。(複数のHPで話題となっていましたので、見た方も多い以下と思います。)

 内容は「お父さん預かりサービス」です。

 私の読んだのは大阪のニュースでしたが、全国でいくつか同様の事例があったようです。大阪の例ではもともとは貸しロッカー(荷物の預かり業務)だったようですが、発展して「お父さん預かり」になったようで、連休で空いている貸し会議室等のスペースを利用して、1時間500円(フリータイムなら1000円)でサービスしたところ盛況だったようです。

 会場の広さは200平方メートル。その中にワークスペース、漫画コーナー、フットマッサージ、バランスボール、ごろごろできるマットなどが置かれ、Wi-Fiもあり、携帯電話充電器まで貸し出されていたとのこと。また、飲み物も準備され200円で飲み放題のドリンクバーに缶ビール販売もあり、さらに別室にはゴルフシミュレーション体験を設けるという充実ぶりだったそうです。

 お父さんたちにも好評で、奥様達の買い物等に付き合わされる、または家で「粗大ごみ扱い」されるよりは良いのかもしれませんが、せっかくの休みに「何もすることが無い」というのも残念なような気がします。(余計なお世話かもしれませんが・・・。)

 これも連休中のニュースですが、政府が労働者の有休を法律で強制取得化しようと考えているようですが、せっかく休みが増えてもやることが無いのはと思ってしまうのは私だけでしょうか。

無料相談お申込み

相談予約受付時間 平日・土日祝 9:00~20:00 03-6300-9577 面談は完全予約制

夜間相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談も極力対応

相談にいらした方全員にどちらかをプレゼント!エンディングノート・ペットのためのエンディングノート

ネット予約24時間受付中

時間外はメールでご連絡ください。

原則24時間以内にご返信(休業日を除く)

無料相談お申込み

相談予約受付時間 平日・土日祝 9:00~20:00

03-6300-9577 面談は完全予約制

夜間相談・当日相談・土日祝日相談・出張相談も極力対応

ネット予約 24時間受付中

時間外はメールでご連絡ください。

原則24時間以内にご返信(休業日を除く)

税理士・葬儀屋・保険代理店の皆さま向けにも無料相談を受付けております。

主なお客様対応エリア
上記エリアのお客様は相談無料で承っています。
交通アクセス

電車でお越しの場合
新宿駅より最寄駅まで電車で6 分程度
方南町より最寄駅まで電車7 分程度
荻窪駅より最寄駅まで電車10 分程度
練馬駅より最寄駅まで電車11 分程度

バスでお越しの場合

最寄りのバス停は「成子坂下」または「中野坂上駅」になります。バスでのご来所も便利です。

東中野駅西口から
中野坂上バス停まで3分程度
西武バス [宿20] 新宿駅西口行

中野駅から
中野坂上バス停まで12分程度
京王バス [渋64]中野坂上経由渋谷駅行

初台駅から
東京オペラシティ南バス停まで徒歩4分
中野坂上駅バス停まで11分程度
京王バス [渋64]中野坂上経由 中野駅行

渋谷駅から
中野坂上駅バス停まで26分程度
京王バス[渋64]中野坂上経由中野駅行

所要時間は目安です