法定相続情報証明制度

「法定相続情報証明制度」とは・・・?

相続手続きは通常、何か所もの窓口に足を運ぶ必要があり、時間と手間が膨大にかかります。

その度に、何枚もの戸籍謄本等を提出しなければなりません。そして各種窓口ごとに

相続関係を確認する必要があるため戸籍を読み取る結果、待ち時間が2時間近くになることも。。。

そこで相続関係を紙1枚で証明し相続人の負担を軽減させるためにできたのが「法定相続情報証明制度」です。

戸籍一式と相続関係一覧図を法務局(登記所)に提出し、認証してもらうことで、

今まで煩わしかった相続関係の確認作業がなくなり、窓口での手続きが時間短縮になり、相続関係も一目瞭然。

不動産の名義変更だけでなく、金融機関での預金の払い戻しや名義変更などにも利用できます。

法定相続情報制度の手続きの流れ

必要書類

①被相続人の戸籍・除籍・改製原戸籍謄本    
(出生から亡くなられるまでの連続した戸籍謄本等)

②被相続人の住民票の除票(もしくは戸籍の除附票)

③相続人全員の現在の戸籍謄抄本

④申出人(相続人の代表となって,手続を進める方)の
氏名・住所を確認することができる公的書類
(運転免許証やマイナンバーカードのコピー、住民票の写し など)

⑤各相続人の住民票の写し
※法定相続情報一覧図に相続人の住所を記載する場合(任意)

注意
相続手続で必要となる書類は,各機関で異なりますので,必要な書類は提出先となる各機関にご照会ください。

手続きの流れ

法定相続情報一覧図の作成

※A4サイズの白い紙に記載
※被相続人の最後の本籍の記載は任意
※相続人の住所の記載は任意
(記載する場合は,その相続人の住民票の写しが必要)

申出書の記入

法務局へ提出

下記いずれかの登記所へ提出

① 被相続人の本籍地
② 被相続人の最後の住所地
③ 申出人の住所地
④ 被相続人名義の不動産の所在地

申出や一覧図の写しの交付は,郵送によることが可能です。
一覧図の写しの交付のため,返信用の封筒及び郵便切手を同封してください。

ご家族にこの記事を教えたり、記事を保存したい場合、下のボタンで共有・保存できます。