預貯金解約手続き

預貯金や株式・有価証券の相続手続き(払戻し、名義変更、解約)に関しては、実績のある当事務所にお任せください

金融機関は口座名義人の死亡を知ると、即座にその口座を凍結します。
そして、凍結されると預貯金を引き出すことは一切できません。
自動引き落としでの支払いも一切できません。

当事務所では、亡くなった方の預貯金の相続手続き(払戻し、名義変更、解約)を一括して承ります。

1.当事務所の預貯金の相続手続き(払戻し、名義変更、解約)サービスの特徴

  • 戸籍の取得から始まり、銀行や郵便局窓口での手続きや配分案の作成まで一括で承ります。(本サービスには「戸籍の収集(相続関係説明図作成)パック」も含まれます)
  • 口座がどこにあるのかわからない場合も、可能な限り調査いたします。
  • 集めた戸籍を再利用して不動産の名義変更や不動産売却、税理士による税金のご相談も承ります。
  • 通帳やカードがなくてもご相談ください。
  • 夜間・土日・祝日のご相談も可能です(要予約)。
  • ご相談は無料です。
  • 全国対応できます。

2.金融機関によって相続手続きが異なります

預貯金の相続手続きは、戸籍の収集から始まり、各金融機関(都市銀行・ゆうちょ銀行・信用金庫・信用組合・ネットバンクなど)から所定の用紙をもらって、所定の手続きを各金融機関の規定どおりに進めなければ手続きに応じてくれないことがほとんどです。
(例外的に極少額の預貯金の手続きなどは柔軟に対応してくれる場合もあります。)

この所定の手続きが各金融機関によって取り扱いが少しずつ異なっているので、特に複数の口座をもっている方は各金融機関に何度も足を運び、何十分~何時間も待たされ、挙句に書類が足りないのでまた来てください、なんて言われることもざらです。

当事務所は大手銀行やゆうちょ銀行はもちろん、信用金庫や地方銀行など多くのご依頼をいただいたことにより、様々な金融機関での手続きの実績・ノウハウがありますので、迅速に手続きを処理することが可能です。

<主な実績>
ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、
三井住友銀行銀行、みずほ銀行
りそな銀行、横浜銀行
ジャパンネット銀行、沖縄銀行
福岡銀行、西日本シティ銀行
親和銀行、十八銀行
西武信用金庫、東京信用金庫
西京信用金庫、城北信用金庫 など

3.預貯金の相続手続きと一緒にやっておいたほうがよい手続き

  • 不動産の名義変更手続き
  • 各種引き落とし口座の変更手続き
  • 生命保険の相続手続き、請求の手続き(保険金受け取り)

司法書士に依頼するメリット

  • 手間と時間を大幅に削減することができる
    (金融機関によっては何度も足を運ぶ必要があります)
  • お客さまの状況によって適切な手続きをご提案できる

司法書士は相続の専門家として、お客さまの個別の状況をヒアリングしたうえで、必要なお手続きを明確にします。

当事務所にご相談ください

実績のある司法書士が対応いたします

早い、安い、手間いらず

  1. 明確な費用説明
  2. 相続に強い事務所
  3. 細かな事、丸ごとのご依頼のどちらにも全力対応
  4. 様々な金融機関の実績・ノウハウあり

費用

預貯金の相続手続きの費用

相続登記もご依頼いただいている場合 2口座 10万円
預貯金の相続手続きのみご依頼の場合 2口座 15万円

※本サービスには戸籍の収集業務も含まれております。

※3口座以降は1口座につき5万円の加算となります。

本サービスは「相続手続きまるごとお任せサービス(遺産整理業務)」の簡易版のサービスとなります。

以下のようなケースでご利用いただけます。

  • 誰が預貯金などを相続し、誰名義の口座に振込みをするのか、相続人の間で合意が整っている
  • 対象となる口座が特定されている(=調査が不要。通帳がある)

上記以外の、調査が必要となるようなケースでは「相続手続きまるごとお任せサービス(遺産整理業務)」をご利用ください。

相続手続きまるごとお任せサービス(遺産整理業務)の費用

「相続手続きを丸投げしたい!」「登記の手続きだけじゃなく、相続の手続きは全部してほしい!」というお声に応えたサービスです。

承継対象財産の価格 報酬額
定額報酬 承継人一人当たり5万円
500万円以下 25万円
500万円超~5,000万円以下 価格の1.2%+19万円
5,000万円超~1億円以下 価格の1.0%+29万円
1億円超~3億円以下 価格の0.7%+59万円
相続不動産の売却の仲介
(オプション)
不動産売却価格の3%+6万円

清澤司法書士事務所は、自社で宅建免許を登録しているため、不動産の売却に関してもお任せください。
当事務所が責任もをって売却の仲介手続きをいたします。

相談システムについて

  1. 預貯金等の相続手続き以外のことに関しても、ご相談は無料です
  2. 夜間相談が可能です
  3. 当日相談が可能です
  4. 土日祝日相談が可能です
  5. 出張相談も対応いたします

預貯金の相続手続きの流れ

株式の相続手続は証券会社ごとに異なります。

ご相談(無料)
お見積りのご提示

 

相続人の方から司法書士への委任状など書類に署名・押印をお願いいたします

 

当事務所にて、戸籍の収集開始
故人の本籍地、過去に本籍を置いていた場所の市区町村役場へ戸籍の請求をします

 

当事務所にて、戸籍の内容をチェック、相続関係説明図の作成
遺産相続に関わる相続人の確定

 

遺産分割協議をして、誰が預貯金などを相続し、誰名義の口座に振込みをするのかを決めてください
当事務所にて、協議書を作成しますので、署名押印をお願いします

 

当事務所にて、金融機関へ書類の取り寄せ
当事務所にて、金融機関へ所定の書類を提出

 

預貯金等の相続手続の完了
費用のお支払いをお願いいたします

 

株式・有価証券の相続手続きの流れ

<上場会社の場合>
株式の相続手続は証券会社ごとに異なりますので、詳しくはお問合せください。

<未上場会社の場合>
株式の相続手続は各会社ごとに異なりますので、詳しくはお問合せください。

Q&A

Q:通帳が見当たりません。手続きはできますか?

A:ご安心ください。できます。

Q:預貯金がいくらあるのかわかりません。どうしたらよいですか?

A:金融機関へ預貯金の残高照会などをすることにより、預貯金を把握することができます。

Q:手続きにはどのくらいの期間がかかりますか。

A:金融機関ごとにことなりますが、1~2か月程度かかることが多いです。

ご家族にこの記事を教えたり、記事を保存したい場合、下のボタンで共有・保存できます。