不動産名義変更(相続登記)

不動産の名義変更(相続登記)に関しては、実績のある当事務所にお任せください

1.当事務所の不動産の名義変更(相続登記)手続きの特徴

  • 戸籍取得から遺産分割協議書作成など、不動産の名義変更のすべてをわかりやすい価格でご案内し、手続きいたします。
  • 税理士による相続税や二次相続の対策のご相談も承ります。
  • 相続した不動産の上手な売却や、相続人間で平等な相続のご相談も承ります。
  • 相続した不動産の有効活用のご相談も承ります。
  • 相続(遺産)放棄のご相談も承ります。
  • 夜間・土日・祝日のご相談も可能です(要予約)。
  • ご相談は無料です。
  • 全国対応できます。

2.このような方にお勧めします

  • 土地、建物(住宅)の名義変更のみしてもらえばいい方
  • 相続した土地、家、マンションを売却や有効活用したい方
  • まず何から手をつけてよいかわからないが、とりあえず相談したい方
  • 仕事があって平日に役所などに行く時間がない方
  • 遠方に不動産がある方
  • 相続人が多数いる方
  • 疎遠になってしまった相続人がいる方

3.不動産の名義変更(相続登記)をしない場合のデメリット

不動産の相続登記の義務はありません。そのため、「放置をしておいても問題ない」と思う方も多くいらっしゃいます。
しかし、相続登記を放置していると下記のようなデメリットがあります。
早めの手続きをお勧めします。

  • 第二、第三の相続が開始するたびに相続人が増える
  • 疎遠な相続人が増えたり、協議がまとまりにくくなる
  • 必要書類が増えたり、手間や時間が大きくなる
  • 長年の放置の末、手続きが複雑になれば、費用も余計にかかる
  • 不動産(土地、建物)を担保とした融資を受けられない
  • 不動産(土地、建物)を売却をできない
  • 相続人に対して毎年、固定資産税がかかる
  • 放置不動産は放火のリスクや「負動産」になる可能性が高い

4.不動産の名義変更(相続登記)と一緒にやっておいたほうがよい手続き

  • 預貯金の名義変更・解約等の手続き
  • 戸籍や遺産分割協議書等の各種書類の整備
  • 二次相続の対策、相続したあとの自分の財産のたな卸し

司法書士に依頼するメリット

  • 手間と時間を大幅に削減することができる
  • 必要書類の収集や作成を任せることができる
  • お客さまの状況によって適切な手続きをご提案できる
  • 中立公平な立場から協議をサポート
  • 不動産売却まで任せることができる
  • 預貯金の相続手続きも任せることができる

司法書士は相続の専門家として、お客さまの個別の状況をヒアリングしたうえで、必要なお手続きを明確にします。

当事務所にご相談ください

実績のある司法書士が対応いたします

早い、安い、手間要らず

  1. 明確な費用説明
  2. 相続に強い事務所
  3. 細かな事、丸ごとのご依頼のどちらにも全力対応

費用

報酬5万円~

「不動産の名義変更」費用の詳細はこちら≫

相談システムについて

  1. 不動産の名義変更の手続き(相続登記)以外のことに関しても、ご相談は無料です
  2. 夜間相談が可能です
  3. 当日相談が可能です
  4. 土日祝日相談が可能です
  5. 出張相談も対応いたします

相談から解決までの流れ

Q&A

Q:不動産の名義変更に期限はありますか?

A:期限はありませんが、長い間放置していると様々なデメリットがあります。早めの手続きをお勧めします。

Q:亡き父の不動産の売却を考えています。父名義のままで売却はできますか?

A:売却するためには、相続人名義にする必要があります。ご相談ください。

Q:長い間相続手続きをしていない不動産があります。今からでも手続き可能でしょうか。

A:可能です。

しかし、時間とともに相続人が増えたため協議がまとまりにくい場合や、必要書類や時間、手続き費用が膨れ上がる可能性があります。
その場合、名義変更が困難になりかねません。早めの手続きをお勧めします。

ご家族にこの記事を教えたり、記事を保存したい場合、下のボタンで共有・保存できます。