代表司法書士 清澤晃

代表者プロフィール

名前 清澤晃(きよさわあきら)
資格
  • 司法書士
  • 宅地建物取引士
所属団体
  • 東京司法書士会 登録番号第4452号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務 認定第601053号
  • 一般社団法人 日本財産管理協会 認定会員※1
  • 一般社団法人 民事信託推進センター 社員※2
出身 埼玉県新座市
経歴
  • 成蹊大学法学部政治学科卒業
  • 平成18年司法書士試験合格
  • 弁護士法人・司法書士法人勤務
  • 平成22年9月二子玉川にて独立開業
  • 平成24年3月西新宿に事務所移転
  • 平成31年4月中野坂上に事務所移転
趣味 合気道(初段)、自転車(ロードバイク)、登山
業務実績
  • 相続案件:約780件
  • 実務経験:13年
  • 平成17年より司法書士業界に携わる

※1「一般社団法人 日本財産管理協会」は、遺言執行や銀行手続き等の遺産承継事務、その他財産管理業務を行う司法書士有志が設立した一般社団法人です。

※2「一般社団法人 民事信託推進センター」とは、「信託制度の幅広い活用」に加えまして、「信託制度の適正な活用普及」をも活動の目的に司法書士有志が設立した一般社団法人です。

執筆/メディア実績

 「地主・資産家のための相続対策」監修

 ABCマガジン 2016年1月号

 毎日小学生新聞

 

 アクサ生命~人生100年の歩き方~

自分らしく輝きたい女性のためのWebメディア『DRESS』にて連載中!!

  • 【今からできる相続対策#20】急な資産の増加で相続税の負担が増えた! そんなときは法定相続人以外に贈与させよう
  • 【今からできる相続対策#19】平等な相続=幸せな相続とは限らない。自社株の分散には要注意!
  • 【今からできる相続対策#18】手続き中に新たな相続が起きても慌てない! 「数次相続」をシミュレーションしておこう
  • 【今からできる相続対策#17】親子間で不動産を時価の「2割減」よりも低い価額で売買すると贈与税がかかる?
  • 【今からできる相続対策#16】「地役権」の登記で隣家とのトラブルを防止しよう!
  • 【今からできる相続対策#15】「おひとりさま」の相続対策は遺言が不可欠!
  • 【今からできる相続対策#14】相続税の税務調査の実態を知ろう
  • 【今からできる相続対策#13】相続で避けて通れない「相続登記」について
  • 【今からできる相続対策#12】二次相続対策は、夫婦どちらが先に亡くなるかで変わってくる
  • 【今からできる相続対策#11】どんなに兄弟姉妹の仲が良くても不動産を共有してはいけない!
  • 【今からできる相続対策#10】「空き家となった実家」を放置することで想定されるデメリット
  • 【今からできる相続対策#9】売却?それともリフォーム?相続した実家の活用方法
  • 【今からできる相続対策#8】家なき子が不動産を相続すると相続税が大幅に減少する?
  • 【今からできる相続対策#7】「姻族関係終了届」を出すと遺族年金や相続はどうなる?
  • 【今からできる相続対策#6】「名義預金」は税務調査のチェックポイント!
  • 【今からできる相続対策#5】「相続開始前3年以内の贈与財産」は相続財産に加算される!
  • 【今からできる相続対策#4】遺言がないとトラブルを招く「6つのタイプ」とは?
  • 【今からできる相続対策#3】「息子の嫁」に遺産をあげたい場合の4つの対策
  • 【今からできる相続対策#2】相続対策って何をするの?
  • 【今からできる相続対策#1】課税対象者割合が倍増し、身近になった相続。ふたつの対処法

司法書士インタビュー

当事務所の代表司法書士・清澤晃が「法律相談お探しネット」で受けたのインタビューを再録しております。

司法書士事務所に相談する人

御事務所では相続の相談を幅広く受け付けているとのことですが、実際どのような方からのご相談が多いですか。

当事務所のお客さまの多くが、ホームページを見てお問合せをいただく方と、お客さまからのご紹介の方です。
(1)相続が発生したので「不動産の名義変更」をして欲しいという目的を持ってご相談にこられる方もいますが、
(2)「何から始めてどうすればよいのかも分からない」「(相続から時間がある程度経った後に)そろそろ相続の手続きを始めないといけないから、とりあえず相談してみよう」というような方も多いです。

手続きのご案内をするにあたり、その場ではご理解いただいても、言葉での説明のみではどうしても忘れてしまうことがありますので、当事務所では手続きの概要や流れを冊子や資料で極力「見える化」してご案内するよう努めております。

これは「わからない手続きのことを口で言われても分からない」といった自分の経験からそうしています。

また、目的を持ってご相談にこられる方も、話をしていると単に不動産の名義の変更だけをやれば終わりではなく、相続税の申告が必要であったり、銀行や株式の手続きが必要であったり、そのご家庭の事情によって、やるべきことの整理ができるかと思います。

ご自身では気付かなかったり、やる必要がないと思っている手続きもありますので、お客さまに聞かれたことに答えるだけではなく、相続・不動産の専門家としてよりよい方向性をご提示できればと思います。

不動産の有効活用の手助けも強み

相続不動産の売買や不動産対策に関係するような不動産の有効活用などにも強みがあるとのことですが、この点も含めて事務所の強みについてお教えください。

司法書士という職業は、「登記の専門家」と言う前に「登記の対象となる不動産の専門家」という信念のもと業務をしております。登記を知っていることと不動産を知っていることは違います。

そのため当事務所の司法書士には不動産に携わる者として最低限の資格である宅地建物取引士の取得させ、保有するだけではなく登録もして、常日頃から不動産に関する実務実績を積んでおります。

「登記」と「不動産」の二つを両立している司法書士事務所は多くはありません。
例えば、債務整理を専門にしている事務所に「不動産」の相続の「登記」を相談をしても、受託はしてくれるかもしれないが、その「質」はいかがでしょうか?

さらに当事務所は多くのお客さまから「相続」の手続きを経験させていただいたことにより、「相続」の分野に関しても実績を積んできました。

セカンドオピニオンとしてのご相談も承っていますので、一度ぜひご連絡ください。

土日祝日や夜間も対応するのはなぜ

お電話での無料相談の予約時間が平日・土日祝 9:00~19:00まで、相談に関しては夜間相談 、当日相談、土日祝日相談が可能で出張相談も極力対応とのことなので、非常に相談しやすいサービスになっているかと思います。相続業務ではこのようなお客様目線の対応が必要だとお考えでしょうか。

もちろんです。相続の手続きは一度で終わらず、何度も何か所も役所や銀行に出向いたりと、とにかく時間がかかります。

当事務所にいらっしゃるご相談者様の中には「何から始めたらよいかわからない」という方と同じくらい「仕事のため平日に時間が取れない」「体が不自由だったり、高齢で外に出るのが億劫だったりで事務所に行くことができない」とおっしゃるご相談者様が多くいらっしゃいます。

当事務所が役所や銀行などと同じ時間で稼働していたり、せっかくご連絡いただいても休みだから受け付けられませんでは、お客さまは手続き前の相談の段階で困難にぶつかってしまいます。

ただでさえ司法書士事務所という余り馴染みのない業種であるからこそ、気軽にご相談いただければと思っています。

平日の昼間に時間がとれずに困っている方がいらっしゃれば、当事務所は可能な限り柔軟に対応いたします。常にお客様目線であることを意識し、相談しやすいサービス形態を目指しております。

清澤司法書士事務所の強みは?

当サイトでは相続業務に携わる方向け相談受付窓口を設けられていていますが、他の司法書士事務所と相続業務に関する専門性での違いがあればお教えください。また、このような専門家の方にはどのようなことを相談してきてほしいとお考えですか。

当事務所では、相続登記後の不動産の売却や有効活用の提案も得意としております。

実際に最適なコンサルティングはもちろんのこと、売却する際の代理もさせていただくことにより、お客様がめんどくさいと思われる手続きを一手にお引き受けしております。

司法書士は不動産の「売却代理」の業務を法律上することができると定められておりますが、業界内でもまだ多く司法書士が手がけていない分野のため一般の方は不動産の売却は不動産会社にと思われているかもしれませんが、不動産の専門家として司法書士を上手く利用していただければ幸いです。

このように不動産の手続きを多くやらせていただくことにより、不動産に関する知識と経験は他の司法書士の先生方よりは豊富だと自負しております。

当事務所は、「不動産業者の下請け司法書士」ではありませんので、不動産業者が適正に販売活動をしているかの厳しくチェックすることもできますので、知り合いに不動産屋がいなかったり、不動産屋によいイメージがない方等は一度ご相談ください。

お客様へのメッセージ

最後にこのホームページを見て御事務所に相談しようと考えている方に向けてメッセージをお願いします。

相続・不動産の手続きやご相談は、一般の方であればそう何度もあることではありません。

なので、極論かもしれませんが、手続きの詳しいこと・専門的なことまでは分からなくてもよいと思います。

専門職はやたらと難しいことや知識をひけらかすように判例を持ち出すことがありますが、ご依頼者様は勉強をしにきているわけではなく、問題の解決をするためご依頼しているのだと思います。

そのため当事務所では「手間ひまのかかる手続き」「分からない手続き」「自分ではやりたくない手続き」をご相談者様に代わって、ご相談者様の望む「結果」に素早く・確実にたどり着き、そして何より安心してお任せいただけるようご対応させていただいております

もちろん業務の流れで分からないことや不安なこともでてくるかと思いますが、その際はどうぞ遠慮なくご連絡ください。どこまでもご依頼者のために業務をさせていただきます。

インタビュー:法律相談お探しネット(https://www.houritsu-navi.com/)

まとめ:ご相談はお気軽に

と、私もまじめにインタビューに臨みましたがご相談の際は堅苦しくなく、笑顔で臨機応変にご対応しておりますので、お気軽に相談ください。

無料相談のご予約は…03-6300-9577

事務所についての関連ページ

以下の関連ページもご参照ください。

ご家族にこの記事を教えたり、記事を保存したい場合、下のボタンで共有・保存できます。